株)アサヒコンサルは、地すべり・斜面災害対策工事・調査・設計のエキスパート。その他にも土質・地質調査、国土調査、一般測量設計を手がける総合建設コンサルタントです。

調査部門

調査業務内容

1.災害調査状況

災害の例1 道路災害 踏査状況
災害支援活動 災害支援活動
災害の例2 道路災害 全景
地すべり災害調査 道路災害 踏査状況

地すべり頭部にできた段差の状況です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 災害時 応急対応地盤伸縮計と連動した警報装置を設置しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 災害時 応急対応地盤伸縮計と連動した警報装置の赤色回転ランプを設置しています。

 

2.調査状況

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

ボーリング作業

ロータリー式ボーリングマシンによる地盤調査です。(周囲に防音シート設置)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 土質サンプル採取(トリプルサンプラー)
03孔内水平載荷試験(普通圧)状況

孔内水平載荷試験(普通載荷)

杭基礎等の設計の為、地盤の横方向の支持力を測定します。

03簡易貫入試験

簡易貫入試験状況

主に斜面地盤の締まり具合を簡易的に測定します。

05スウェーデン試験

スウェーデン式サウンディング試験状況

主に土質地盤の締まり具合を調べます。

 00001

PS検層 ゾンデ挿入状況

弾性波P波(縦波)、S波(横波)の速度を測定し、地盤の締まり具合を推定します。

00002

PS検層 P波起振状況

弾性波P波を起こします。

 04基礎調査

土砂災害危険区域基礎調査状況

土砂災害基本法に基づき、土石流、急傾斜、地すべり危険箇所を選定します。

 

3.観測業務

地すべり観測業務 地盤伸縮計測定状況

地盤の伸び縮みを連続測定します。

 06簡易伸縮測定中

地すべり観測業務 簡易伸縮計測定状況

地盤の伸び縮みを目盛を読んで測定します。

01鋲観測
01鋲拡大

地すべり観測業務 鋲観測状況

鋲の開きを測定します。

 08地盤傾斜測定中

地すべり観測業務 地盤傾斜計測定状況

地盤の傾きを秒単位で測定します。(最少単位 1.5~2.0秒)鋲の開きを測定します。

 0003

地すべり観測業務 孔内傾斜計測定状況

地中の深度毎の変位量(保孔管の曲がり具合)を測定します。

 04パイプひずみ計測定

地すべり観測業務 パイプひずみ計測定状況

地中の深度毎の変位傾向(保孔管の曲がり具合)を測定します。

 05水位観測

地すべり観測業務 地下水位観測状況

地下水の深度を測定します。

 05流量観測

水文調査業務 流量観測状況

流速を測定しています。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0956-65-2111 受付時間 8:00 - 17:00

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
  • twitter
Copyright(c)2013 asahiconsul.co.jp All Rights Reserved