株)アサヒコンサルは、地すべり・斜面災害対策工事・調査・設計のエキスパート。その他にも土質・地質調査、国土調査、一般測量設計を手がける総合建設コンサルタントです。

広域農道八反田工区

広域大村東彼杵2期地区八反田工区法面保護工事(その2)

■工事概要
  • 長崎県県央振興局
  • 長崎県東彼杵郡東彼杵町八反田郷
  • モルタル吹付工 A=2134.0m2
  • 植生基材吹付工 A=2545.0m2
  • 鋼材挿入工 N=114本

■着工前

2011.9.20


法面の上方にわき水が出ていて、法面下方へ浸透してきて表面がたいへんもろくなっていました。

■施工中

2011.12.08


当初、植生基材吹付工で施工を行う予定でしたが、湧水による法表面の風化が想定以上に進んでいたため、工法をモルタル吹付工に変更して施工を行いました。

■完成

2012.1.14


既存の現場吹付法枠(フリーフレーム)の周囲をモルタル吹付工にて被覆しました。 竣工検査当日の写真です。


東彼杵工区の広域農道工事も終盤に入っていました。 当工事は、広域農道と八反田郷とのアクセス道路の安全を確保するための、法面保護工事でした。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0956-65-2111 受付時間 8:00 - 17:00

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
Copyright(c)2013 asahiconsul.co.jp All Rights Reserved