株)アサヒコンサルは、地すべり・斜面災害対策工事・調査・設計のエキスパート。その他にも土質・地質調査、国土調査、一般測量設計を手がける総合建設コンサルタントです。

地すべり対策工事

奥ノ平時津線

長崎と佐世保を結ぶ幹線道路の改良工事です。 現在は日並バイパスと呼ばれています。

木坂佐賀線

現場の先に海神神社があります。 工事施工中に表層崩壊が発生したため、現場左側は上方から下方へ施工し、現場右側は下方から上方へ施工を行いました。

平山地すべり防止工事

当工事は地下水排除を目的とする抑制工に分類される集水井工です。 ライナープレートを躯体とする集水井を構築し、構築された井戸内部から地下水を強制的に集水します。(集水ボーリング工) そしてその集めた水をさらに井外へ排水する ...

湯ノ本勝本線

切土工 → アンカー工 → 十字ブロック取付工の一連のサイクルを繰り返しながら、順次法面下方へ施工を進めていきます。(逆巻き工法)

川内谷地すべり防止工事

施工箇所は、西九州自動車道佐々出口を降りて江迎・平戸方面に向かう、県道志方江迎線の頂上付近にあります。 今回は抑制工に分類される集水ボーリング工の施工を行いました。 これは、降雨による地下水の上昇を抑えるため、地中に浸透 ...

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0956-65-2111 受付時間 8:00 - 17:00

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
Copyright(c)2013 asahiconsul.co.jp All Rights Reserved